ミッチーのつぶやき(ヲタ&腐への渇望)

アクセスカウンタ

zoom RSS 有難うございました。

<<   作成日時 : 2013/08/11 13:59   >>

かわいい ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 14

サコリンさん
しのさん
じじ様がんばってさん
チロ母さん
のんこ。さん
紋次郎ままさん
midoriさん
ゆちさん
(五十音順で書かせていただきました)
応援、お悔やみのコメント有難うございました。

そしてブログ気持ち玉をくださったみなさま
応援して下さったみなさま
本当に有難うございました。

しろちゃんは9日の夜9時20分に虹の橋を渡って行きました。
私の手元から神様の元へと戻って行きました。

肝臓と貧血で引っかかってから一週間頑張ってお薬を飲み続けました。
でも7月31日水曜日の夜から目に見えて食が減りました。
それでも朝だけはなんとかいつもの半分を食べてくれていました。

でも金曜日は全く食べてくれなくなりました。
3日土曜日の朝に再度診察を受けました。
その事を先生に伝えると難しい顔をされました。
その時私は「ああ、きっともうダメなんだ」と悟りました。
先生も多くは言いませんでした。
ただビタミン剤と抗生物質を打って頂いたときに「あとはこの子の生きる気力にかけるしかない」と言われて帰ってきました。
もう肝臓のお薬も貰いませんでした。その代わり栄養のある流動食を3袋頂いてきました。
先生にあとでれくらい生きられるか聞きました。

「ご飯を食べなくなったら一週間もたないと思います」

私は車の中で泣きました。家に帰っても泣きました。
じじ様にしがみついて「嫌だ嫌だ。ねぇちゃんを置いていっちゃいやだと」と泣き続けました。
私は家に帰ってからすぐに流動食を作りました。

どうしても口にして欲しくて何度も何度も口元に持って行き「食べて」と泣きながらしろちゃんに頼みました。
きっとそんな私がうるさかったのでしょう、夕方に少しだけ口にしてくれたんです。
私、本当に嬉しかった。これならもしかして…そんなきもちも持ったくらいです。

でもそれも長くは続きませんでした。
火曜日からはまた口にする量がグンと減ってきました。
お水も飲まなくなってきました。

木曜日には常に呼吸が辛そうになりました。
夜もあまり寝れなかったようです。私もしろちゃんが起きているときはずっと付き合いました。

金曜日の夕方には呼吸が朝とちょっと違うように感じました。
舌を見ると先の方が白色をしていました。

もう見ていて辛かったです。私の我儘で頑張らせるのはもう苦しくなりました。
私は「辛かったら逝ってもいいよ」と言っていました。
でも「ババ(お母さん)が帰って来るまでは逝っちゃダメ!」と耳元で言いました。
「頑張れ!しろちゃん!!ババが仕事から帰って来るまでは生きなきゃ駄目!」

そうしたら本当にしろちゃん頑張ったんです。
お母さんが帰って来たのを見届けたらすぐに口を開いてカクカクとおかしくなりました。

「お母さん早く!」と私は叫んでいました。
しろちゃんはちゃんとお母さんにも撫でて貰って逝くことができました。
ちゃんと私のいう事を守ってくれました。
本当に頑張り屋さんで偉い子です。賢い子でした。
きっとお母さんに内緒で逝ってしまったら、お母さんがずっと悔やむのが分かっていたんだと思います。

私もしろちゃんの最後を、ちゃんとお母さんと見送ることができて本当に良かったと思っています。

それに最後まで毛がフサフサ。
ずっと右を下にして寝ていたのに床ずれが一度もできなかった。
毛はペテルナのおかげかしら。
床ずれはブレスエアーのおかげですね。
痴呆犬となっても夜鳴きは一切なかったね。
年をとっても立派に歩けていたね。
これはサントリーのサプリメントのおかげかな。

このブログを通して皆様には素敵なグッズをたくさん教えて頂きました。
本当に感謝しています。

ただいっぱい頼んだdbfの缶フード、開封していないサントリーのサプリメントなど一体どうしたらいいの?じじ様?
私困っちゃうわ。


放浪犬として保護をして16年と11カ月。推定年齢18歳と11カ月。

画像

きっと本当のママが迎えに来ると思っていたまだ保護犬のときのしろちゃん。
でもきてくれなかったので我が家の子として迎えました。


2009年12月
画像

2010年12月
画像

2011年12月
画像

2012年12月
画像


そして2013年8月9日 息をしている最後の写真
画像


今は仏壇に仲間のわんこ達と一緒にいます。
画像

画像


まだ悲しみでいっぱいです。
ずっと欲しいと思っていた自分の時間。
でも今はその時間に何をしていいのか分かりません。

今なら思います。
そんな時間なんていらない。
その代わりしろちゃんとの時間が欲しい。

でもこの気持ちがいずれ自慢や誇りの気持ちに代わっていったら…。きっとしろちゃんも安心できるのかなと思います。

明日からまた仕事に戻ります。
お休みを貰ったこの一週間とても大切な時間になりました。
お休みをくれた店長や職場の皆には感謝しています。

そしてじじ様を応援してくれた皆さまに大感謝でございます。
有難うございます。
じじ様の肉体は消えちゃったけど、皆さまの心に「ああ、そんなわんちゃんもいたね」と少しでも記憶に残ってくれたら大変嬉しく思います。

いままで本当に有難うございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
かわいい かわいい かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
若いころのじじ様イケメンです。
老犬になってからは好々爺というか
とっても味のあるわんこになりました。
いつまでもツヤツヤだったじじ様。
これもミッチーさんとババ様のおかげですね。
ミッチーさんしばらくゆっくりと心を
おやすめください。
しの
2013/08/11 14:43
ミッチーさん、素敵な日記を
ありがとう!読んで泣いちゃった…
土日と岐阜県に行って先程帰宅しました。
急遽決まった旅だったのですが、
なんだか、じじ様に呼ばれた気分でした。
会うことは出来なかったけど・・
じじ様を近くに感じれたよ^^

お母様が帰宅してくれるまで
健気に頑張ったしろちゃん♪じじ様。
絶対に忘れないからね。
ミッチーさん、また明日から仕事を
頑張って下さい!
いつか、しろちゃんを誇りに、
自分の介護を誇りに思える日が
来ますからね・・。
のんこ。
2013/08/11 17:58
お母さんとミッチーさんに見守られる中、旅立ったしろちゃん。
本当に賢くて頑張り屋さんで飼い主孝行なわんこでしたね。
最後の一週間ミッチーさんが一緒にいてくださったこと、
しろちゃんは本当にうれしかったと思います。

体はなくなってしまったけど、かわいいしろちゃんは
いつもお母さんとミッチーさんのそばにいてくれますよ。
私は、「亡くなったうちのわんこはいつも一緒にいて私を応援してくれてる」
と思っています。。。
じじ様がんばって こと eiko
2013/08/11 18:11
涙がとまりません。
ミッチーさん、お辛いのにしろちゃんの最期の様子を知らせてくれてありがとうございました。
しろちゃんはやさしくて、本当にお利口さんでしたね。
えらかったね、しろちゃん。
ミッチーさんがずっと一緒に居てくれてどんなに嬉しかったことでしょう。

幸せだったしろちゃんは、これからミッチーさんをずっと守ってくれます。
お空のナナは、私の事をいつも守ってくれていると信じています。
ミッチーさん、どうぞお体ご自愛ください。
しろちゃん、ありがとう☆




midori
2013/08/11 22:38
しろちゃん、頑張ったね。お母様が悲しまないように頑張ったしろちゃん、ちゃんとわかっていたんだね。痴呆??
それを超えた大きな愛が痴呆を克服した日々だった感じがします。

今は本当に御辛いと思います。しろちゃんのことが自慢と誇りになる日々が早く訪れることを祈っています
しろちゃんは笑顔で感謝いっぱいってお顔しています
紋次郎まま
2013/08/11 23:21
ミッチーさん、しろちゃんは幸せでしたね。
この間過去記事をすべて読ませてもらいました。
胸がいっぱいになりました。
ミッチーさんのお家には、しろちゃんの他にもワンコさんたちがいたんですね。
仲間がいるから、しろちゃんも寂しくないですね。
お母様の帰りを待っていてくれたなんて、最期まで本当に親孝行で立派で愛らしいしろちゃん。
しろちゃんのこと忘れません。





チロ母
2013/08/12 00:25
しのさん、こんばんは。
コメント有難うございます。

じじ様って若い頃は本当にやんちゃ坊主だったんですよ。そのくせめちゃくちゃ臆病だし(笑)でもそれもいい思い出になりました。
しのさんにイケメンって言ってもらえたよ!不細工しか言われたことなかったのに(笑)良かったね♪じじ様♪

ホント、歳を重ねるごとに味のあるお顔になりました。渋さが出てきたのかしら?それともおっとり顔?どちらにしても可愛いには変わりはないですけどね(姉ばか 笑)

優しいお心使い、有難うございます。
まだまだ悲しみは癒えませんが、急がずゆっくりこの気持ちと仲良くなっていきたいと思います。
ミッチー
2013/08/15 18:40
のんこ。さん、こんばんは。
コメント有難うございます。

岐阜の方にいらっしゃっていたのですね。
もしかしたら本当にしろちゃんが呼んだのかもしれません。きっとのんこ。さんのお姿は見えなくても遠くから気配は感じていたかもしれませんね。

本当にお母さんが帰ってくるまでちゃんと待てたじじさまは偉いと思います。きっと大好きなお母さんの顔をみてから逝きたかったのだと思います。しろちゃんとの過ごした日々、いずれは自慢話となって語られる時がくるようになればきっとしろちゃんも安心できますよね。

優しいお心使い有難うございます。
あっちでさぶちゃんがじじ様と仲良くしてくれると嬉しいです。じじ様が生意気な事言ったら叱っていいからね、さぶちゃん(笑)
ミッチー
2013/08/15 18:50
eikoさん、こんばんは。
コメント有難うございます。

私にとってもしろちゃんが亡くなるまでの一週間は辛かったけどとてもすばらしい時間になりました。一生忘れることのない素敵な時間です。

そうですね。
きっとしろちゃんは私達の側にいてるれてますよね。そう考えれば寂しい気持ちも少し楽になります。

優しいお心使い有難うございます。
eikoさんには車椅子の事を教えてくださって本当に感謝しています。
少ししか乗れませんでしたが、それでもとても楽しめました。本当に有難うございました。

ミッチー
2013/08/15 18:59
midoriさん、こんばんは。
コメント有難うございます。

ちゃんとお母さんの帰りを待っていられた立派なわんこでした。本当に偉い子でした。
私の方こそ最後の一週間、しろちゃんにべったりくっ付いていられてとても幸せでした。こんなにもしろのことを想い、そして見つめていた時間は最初で最後だったように思えます。

これからはダメな姉ちゃんをずっとお空から見守っていてくれると嬉しいな。これからもずっと気配を感じていたいです。

ななちゃんにもじじ様とお空で仲良くしてくれると嬉しいです。じじ様が生意気な事を言ったら叱ってやってね(笑)
ミッチー
2013/08/16 18:58
紋次郎ままさん、こんばんは。
コメント有難うございます。

夕方から危なかったじじ様でしたが、ちゃんとお母さんの帰宅まで頑張ってくれました。
本当に偉い子です。きっとしろちゃんもお母さんの顔を見てから逝きたかったんですね。顔をみたらすぐに逝ってしまいました。

痴呆もある一定のところで、しろちゃんなりに頑張って留まってくれていたように思えます。
徘徊はありましたが家族の顔はちゃんと分かっていました。撫でてやれば嬉しそうに目を閉じてくれました。
最後の部分で頑張ってくれていたんですよね。この辺りも自慢です。

まだまだ悲しみでいっぱいですが、最後のしろちゃんの姿を自慢して話せるようになりたいです。

お花有難うございました。しろちゃんも喜んでますよ(^^)
ミッチー
2013/08/16 19:07
チロ母さん、こんばんは。
コメント有難うございます。

じじ様と同居していたわんこ達は3わんこいました。当時はじじ様を含めて4わんこもいたので、家の中は賑やかを通り越してうるさかったです(笑)
でも今はそれも良い思い出です。
先に旅立った3わんこ達がお空で待っていてくれるので、きっと寂しくないと思います。ただ苛められていないといいんですけど(笑)仲良くしてくれているといいな〜。

最後の最後まで孝行わんこでした。本当に立派なわんこ。私の自慢のわんこです。

しろのことを忘れないと言ってくださって有難うございます。
私もしろちゃんもずっとチロちゃんを応援しています。しろちゃんよりもっともっと長生きしてね、チロちゃん!チロちゃん、頑張れ!!
ミッチー
2013/08/16 19:15
ミッチーさん、こちらこそしろちゃんの最後の様子を聞かせてくださってありがとう。
しろちゃん、なんて親孝行な子なんでしょう。
誰にも後悔させず旅立ったんだね。
ありがとう、しろちゃん。
本当によく頑張ったね。
一人でゆっくり出来る時間が欲しいと思ってたミッチーさん。。。
私も金太郎の時同じ事を思いました。
でもこの手から居なくなった時、もう一度あの子との時間を取り戻したいと願いました。
痛いほど判ります。
長い介護生活、本当にお疲れ様でした。
しろちゃんとの思い出はミッチーさんの宝物ですね。
しろちゃん、お空で喜んでいると思います。
最後まで綺麗にしてくれて、そして最後までそばに居てくれてありがとうって!
悲しみはそう簡単に癒える事はないと思いますが、いつか思い切りしろちゃんの事、自慢してください。ずっと待ってます。
サコリン
2013/08/19 11:05
サコリンさん、こんにちは。
コメント有難うございます。

ちゃんとお母さんの帰りをまってから旅立ってくれました。本当に孝行わんこでした。
それに本当によく頑張ってくれた一週間だったと思います。もしかしたら私が心配でなかなか逝けなかったのかもしれません。
私が「もう辛かったら逝ってもいいよ。姉ちゃんは大丈夫だからね」と言ったその日に旅立ちましたから…。その言葉に安心したのかな。でも本当は全然大丈夫じゃなかったんですけどね(笑)

今は自分の時間があっても何をしたらいいのか分かりません。自分の時間があってもすることがないんですよね。きっとしたい事はいっぱいあったはずなんですが。何もする気が起きません。こんなんじゃ、しろちゃんが心配しちゃいますね。

しろちゃんのこと自慢しますよ。きっといっぱいします(笑)そのときはお付き合いくださいね。
ミッチー
2013/08/21 13:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
有難うございました。 ミッチーのつぶやき(ヲタ&腐への渇望)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる